前回までにご紹介させて頂いたネコパルさんです。
no.0489 posted 2015.01.12
no.0489
■ じんのよチコ ■
私は猫と散歩をします。
愛猫チーコが、ノーリードで楽しそうに散歩したせいか、
そのあとに来た猫も皆散歩をする猫になりました。(大抵人通りがなくなった夜ですが)
ご近所の猫、外猫も含め6匹連れて公園を走ったこともありました。 7年前に、元外猫だった13歳の黒夫を心不全で、
その3ケ月後、後を追うように18歳のチーコが腎不全で旅立ってしまいました。
私の心の隙間を埋めていた2匹を失った喪失感が爆発して、
作家名を「じんのよチコ」にしました。 ※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。 現在は、7年間河原で外暮らしをし、2008年に縁あって
チビクロの相棒として来た「黒次」(現在14歳)、
ご近所の猫だけど、家出してウチに居着いて14年の「メンチビ」、
チビクロを11歳でなくしてしまった2011年秋に、
保護現場に居合わせてしまった縁で、ウチのコになった3歳のタビまるぅ〜ん、
昨年の5月に、突如現れたチャあくん(今だ触れず、一応外猫扱い)が家族です。
ちなみに、皆去勢済みのオス猫で、猫団子をするような仲良しではありません(苦笑)。 ◎猫の縁で集まったクリエイター仲間の「猫風°呂」に所属してます。

『ブログ・猫宙(ねこちゅう)』http://ameblo.jp/nekocyu

『猫風°呂』http://nekopro.cat

no.0488 posted 2015.01.05
no.0488
■ ここまま ■
みなさま、はじめまして。
16にゃんのママ、ここままです。
我が家の16にゃんは、みんにゃおっとりとした甘えっ子ばかりです。
うちに来るまでは、お外でツッパッテいた子もいますし、
虐待されてつらい目にあった子もいます。うちで生まれた子もいます。いろいろです。
どんなに仕事が大変でも、家に戻って、みんにゃをだっこしたら、つらさを忘れます。
うちの子になってくれてありがとう! 毎日感謝です。 さて、現在、私は地域猫活動「さくらニャンコの会」の活動もしております。
実は、TNRで地域猫にするつもりで手術した10匹のにゃんこ、
あまりのかわいさと北海道の冬の寒さから地域に放せませんでした。
いまは同じ「さくらニャンコの会」の友人キャサリン(仮名です)家で、
人慣れ修行をしている子たちがいます。だっこもできるようになり、
長毛の子はブラシもかけさせてくれます。目薬もOKです。爪切りはまだです。
どうぞ、この子たちと幸せをわかちあえるよう、
みなさまのお智恵とお力を貸していただけるとありがたいです。

『ここままのブログ』http://ameblo.jp/nyamily

※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。
no.0487 posted 2014.12.22
※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。
no.0486 posted 2014.12.15
no.0486
■ 毛玉 ■
ドラえもんの「のび太」から名前をとった、のび。
生まれたての子猫を譲り受け、家にやってきたその顔は
片目のまぶたがぷくっと腫れ上がっていました。
兄弟猫とけんかして、負けたもよう。
まるでジャイアンとスネ夫にやられたのび太のようだったのです。 いろいろあって、今は一緒に住んでいません。
狭いアパートで過ごすよりも、
実家の広い家でのびのび暮らしたほうがのびは幸せなんじゃないかな、
とにんげんが勝手に思い、そうしてしまいました。 一緒に暮らしていた頃、
アパートのベランダから外を眺めては脱走を試みていた弱虫なくせに好奇心の強いのび。
何百メートルも先にいる野良猫に、しっぽを太くして威嚇するのび。
来客者にまったく警戒しない、のび。
長い毛をひきずってのそのそと走る姿はまるで狸。 今では、母が大好きでお風呂までついていき、寝るときも一緒だそう。
そのポジションは、私だったのに・・・
と、寂しさもありつつ、のんびり実家で過ごすのびに会いに帰るのが、一番の楽しみです。 出会った頃は弱虫のび太。今は、のびのび、のんびり、そんなのびが大好きなのです。
※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。
no.0485 posted 2014.12.08
no.0485
■ mitttom ■
うちの猫は2月22日の猫の日生まれ、♀のマンチカンです。
名前はトドル。
好きなバンドの名前をそのままいただきました。
短い足でトテトテ歩く姿がトドル(=よちよち歩く人)の名にぴったりだったのです。
お腹の小さな猫の模様がチャームポイント。
短足ゆえ、直立ポーズも大得意です。“とど”と呼んでいます。 生後3ヶ月でうちにきたトドルは、
着いたとたん入っていたケージから飛び出て家中を駆け回り、
3日目にはお腹全開、大の字で熟睡したというおおらかさんです。
撫でるとすぐゴロゴロ言い出し、
スキあらばおもちゃをくわえてやって来てはポトリと落として小首をかしげる甘えん坊。
遊びに興じれば壁に頭をぶつけたり、
階段を踏みはずしてずっこけたりするまぬけぶりを披露します。
猫がしなやかだなんて、誰が言ったのだろう・・と思います。
独立心旺盛だとも言いますが、トドルはそんな猫らしさもこれっぽちも持っていないよう。
朝から晩まで人の後をついてまわり、おでこやあごをすりすりします。
まったく、役に立つことは何ひとつしやしません。
ただひたすらかわいいだけのトドルが毎日を幸せにしてくれます。 red go-cart というバンドをやっています。
トドルと暮らしてから、猫が登場する曲が増えました。
ソファでギターを弾くと必ず隣りで丸くなるトドル。音楽が好きみたいです。
いつか猫と音楽が好きな人が集う猫フェスをやりたいです。
※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。
no.0484 posted 2014.12.01
no.0484
■ naejo ■
No.0483「akochacha」さんより紹介されました「naejo」と申します。

うちには白黒猫の「ムラヲ」とキジトラ猫の「シマヲ」という8歳になるオス猫が2ニャンおります。
二匹ともちょっとぽっちゃりで、皆から「横綱」とか「ドスコイ」とか言われております。

ムラヲ兄ヤンはシマヲより3ヶ月年上なだけですが、
少し遅れて来た弟に兄さん風を吹かせて威張っています。
ご飯もオモチャも自分が先にもらわないと気がすみません。 弟のシマヲは兄やんを立ててなんでもゆずる優しき律儀者です。
でも留守番の時は寂しくて、くっ付いて寝ているみたいです。
ムラヲは猫らしく自由気ままにお外で水遊びしたり、オモチャで釣られたり、
時々はライオンコスプレしたり、招き猫のポーズをマスターすべく訓練もしております。
そんな兄ヤンをいつも不思議そうに見ているシマヲです。

ムラヲとシマヲはすっかり家族の一員でいつも笑わせてくれたり和ませてくれたりします。
これからも長生きして、いつまでも一緒に生活したいと思っております。

『苗女のブログ』http://naenokai.sblo.jp

Instagram:@naejo

※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。
no.0483 posted 2014.11.24
no.0483
■ akochacha ■
ぶーちゃんと暮らし始めたのは12年前、まだ独身時代の頃。
母猫のお腹にいる時から私の元に来るって決まってた運命の子。
7歳までは一人っ子の箱入り息子。
ぶーとは色んなこと一緒に乗り越えてきた相棒。最愛の子。 ぶーと共に嫁いだ群馬で次々と運命の出会いがあり、今では夫婦二人と6猫の大所帯。 多頭暮しのきっかけになったのは黒猫のコタン。
スーパー前で数年おこぼれを貰いながら生きてきた子。
その経験からか猫界ルールを分かってて、初日からぶーに礼儀正しかった。(笑)
その後次々に拾った子達を躾けたのもコタン。新入りにはかなり厳しく裏番長的な存在。 一番のお転婆娘の茶白猫ニコッちゅ。
我が家のムードメーカー。大技を決めるために日々黙々と訓練してるの。(笑)
ちなみに夫が大好き。 野良猫出身のミケサビ姉妹。
TNRのつもりが、訳あってそのまま居候。
姉のミケちゃんはだいぶ家猫風になってきたかな。
妹のサビちゃんはいっつも割り込み番長。 そして末っ子の黒猫にゃぽ。
FIVキャリアの鼻垂れ小僧だけど、犬の様に懐っこくてなかなか賢い。 6匹の猫達と暮らして思ったのは、猫達は人間が思うよりとても上手に
程よく距離を取りながら猫同士の関係を作ってるってこと。
わがまま気ままで 本能に忠実で ただひたすら今を一生懸命生きている姿は
とても凛々しくてとても潔くて、この小さな命達に教えられる事は数多い。 こんなにも心に寄り添う猫達の存在は私にとって一番の宝物です。

『ニャンコと嫁入り』http://akochacha.seesaa.net

※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。
no.0482 posted 2014.11.17
no.0482
■ 溺愛猫的女人 ■
溺愛家の猫さまは、ボス「ジン(スコティッシュ)」を筆頭に5ニャン、
「圭介(ノルウェージャン)」「心暖姫(クロネコ)」「結弦」「斑」と、
4年前からお世話している外猫ファミリーが8ニャン、
ボス「龍馬」を筆頭に、「ユッキー」「シッポ」「チビ」「クロベエ」「ライム」「茶トラ」「フク」、
おもいっきり猫まみれな日々を過ごしています。 猫さまと一緒に暮らし始めたのは17年前、
長男「とら(チンチラシルバー)」は2年前に手術の麻酔が覚めぬまま旅立ち、
昨年1月に四男「鷹男(ノルウェージャン)が細胞摘出手術後に急逝、
3月に三男「ピート(チンチラゴールデン)」が4ヶ月の闘病後に旅立ちました。
思い出しては号泣する日々でしたが、
5月にいきなり猫神さまから縞々子猫4匹を託され「弥一・政之助・お絹・松吉」、
猫友さん達の協力で3ニャンは里親さまの元へ、1ニャンが溺愛家の新メンバーになりました。 今は2年前に扁平上皮癌を発病した「ジン」を見守りつつ、
「結弦」&「斑」の縞々コンビの悪さに翻弄され、楽しくもせわしない毎日を過ごしています。

『溺愛猫的女人館』http://ade8ko.blog.so-net.ne.jp

※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。
no.0481 posted 2014.11.10
no.0481
■ てんてん母 ■
うちにはどこもまあるい白黒はちわれてんてん(♂12)と
女の子なのにおっさん眉毛のあるゆんゆん(♀)がいます。

2人とも小さい時から真っ白ぱくにいちゃんが(2年前に虹の橋へ)大事に育ててくれた子たちです。
ぱくにいちゃんの教育を受けて2人ともいい子に育ちました。
...と言いたいところですが、どちらもオレさま、姫さまの我がままにゃんこです。
それに今では信じられないほど大きくなってしまいました。 ※クリックすると拡大します。
 戻る時は画像の外をクリックして下さい。 私は「猫友日めくりカレンダー・可愛いうちの猫をカレンダーに載せて、
可哀想な猫を助けるお手伝いをしよう!」というプロジェクトの1員です。
わずかでも、動物たちの命を繋ぐお手伝いができればとの願いから始まりました。
営利目的ではなくて、スタッフは5名だけの全員ボランティア。
ウェブデザイナーの1人を除き私のような極々普通の専業主婦が大半です。
カレンダー作りなんてどうすれば?から始まりました。
それが、支えてくれた参加者さんや業者さんのおかげで7年も続いています。
参加にはカレンダーを買っていただくことが条件ですが(寄付付きです)、
今日はうちの猫の日だ!と掲載日にはテンションが上がりますよ。
来年のカレンダーは1700冊がすでに完売ですが、
興味を持っていただけたらこちらのサイトをご覧になってくださいね。

『てんてんち』http://tenten-catcat.seesaa.net/

『猫友日めくりカレンダー』http://www.neko-tomo.net/index.html

©2014 atelier catnap all right reserved.